らでぃっしゅぼーやの社長ってどんな人?

らでぃっしゅぼーやの社長ってどんな人?

毎日、安全で安心出来る野菜を作っているらでぃっしゅぼーやですが、
もっとらでぃっしゅぼーやの事を知りたいと思ったときに
一番お偉い方の考え方を知ればらでぃっしゅぼーやの考え方が、
わかりますね。

 

そこでここでは、らでぃっしゅぼーやで一番お偉い、社長について紹介します。

 

 

らでぃっしゅぼーやの社長は誰?

 

らで 社長

らでぃっしゅぼーやの社長は2014年5月から、国枝俊成氏が務めています。

 

国枝俊成氏がどんな人なのかですが、
兵庫県神戸市の灘高等学校から東京大学工学部を卒業しました。
この時点ですでに頭がいいのは間違いないですね(笑)

 

その後、1978年4月に日本電信電話公社(現NTT)に入社。

 

以降は
2005年7月:NTTドコモ国際ビジネス部長
2007年6月:NTTドコモの執行役員
2010年6月:NTTドコモ九州の支社長
2014年5月:らでぃっしゅぼーや株式会社の代表取締役に就任

 

このように順調な人生を歩まれています。

 

 

でもなんで、ドコモかららでぃっしゅぼーやなの?って思いませんか。

 

それは、ドコモがらでぃっしゅぼーやを買収したからです。

 

こちらもなんで、電話会社が宅配野菜の会社を買っちゃたの?なんて聞こえそうですが、
スマートフォンや携帯はいつも身に着けている、生活に密着したもので、
ライフワークに必要な食事と健康を併せ持った宅配野菜との相性が
いいと思われたんじゃんないでしょうか。

 

らでぃっしゅぼーやはネットから簡単に申込出来ますし、
ドコモのサービスと合わせる事も出来ますからね。

 

こういった、野菜や農業事業に進出している大手企業が実はいくつかあるんです。

 

ユニクロも10年以上も前に生鮮野菜に進出していました。

 

この時は結果的に失敗でしたので、すぐに撤退しましたが、
撤退の速さはさすがユニクロって感じです^^;

 

他にも、自動車のトヨタ海外でサツマイモを育て、
日本で黒豚の飼料や焼酎にも利用されています。

 

このように、食とは全く関係ない企業が野菜の栽培や販売に乗り出しています(した)。

 

ちょっと話がそれましたが、
ここからは国枝俊成社長の取り組みを見ていきます。

 

 

らでぃっしゅぼーやの社長就任後の取り組み

 

国枝社長が、らでぃっしゅぼーやに就任してからまず取り組んだのは、
現場の視察です。

 

この当時、あまりらでぃっしゅぼーやの業績が良くなかったので、
原因の解明と、もともと国枝社長はエンジニア出身ですから、
宅配野菜のシステムを理解する為に現場を見て回ったと思います。

 

でも、その現場では国枝社長は驚いたようです。

 

梱包している野菜は不揃いのものや、少し傷みかけたものなど。
指摘すると、せっかく作ったものだから、無駄にできないだのなんだのって・・・

 

この当時、現場は消費者などの顧客に対する意識よりも、
生産者側を大切にする意識の方が強かったのです。

 

 

そこで、もともと徹底した顧客目線で数々のビジネスをしてきた
国枝社長はらでぃっしゅぼーやの改革に乗り出します。

 

お客様のクレームを一部門だけで聞くのではなく、
全役員で聞き、すぐに改善策を練って対処します

 

らで トラック

また、自社ドライバーに対しても表彰制度を設けたり、
生産者を招いて野菜の勉強会が定期的に開かれ、
野菜の知識をつけれるよう社内の意識改革も取り組んでいます。

 

ドライバーは宅配先で、お客様と直接かかわりが有りますから、
配達しながらセールスもするんですね。
その時に野菜の知識などが活きてくるわけです。

 

ドライバーの感じが良いとか、愛想が良いなど評価が良いのは、
この改革が行き届いている証拠ではないでしょうか。

 

 

らでぃっしゅぼーやの社長まとめ

 

2008年ごろから徐々に売り上げを落としていたらでぃっしゅぼーやが
V字回復しているのは、国枝社長の取り組みが功を奏したからですね。

 

生産者から顧客目線に視点を変えたことで、
顧客満足度が高くなり今のらでぃっしゅぼーやが有ると言えます。

 

いいものだから売れて当然
とか
いいものだから不揃いでも問題ない
といった考えは昔はあったのかもしれませんが、
今はどうすればもっと満足してもらえるかを常に考えているんだと思います。

 

らでぃっしゅぼーやの野菜はとてもいいものですから、
いい野菜に良いサービスがプラスされると他にはないものが、
もっともっと出来てきそうですね。

 

これからもらでぃっしゅぼーやが楽しみです^^