らでぃっしゅぼーやは無農薬じゃない?その理由を解説。

らでぃっしゅぼーやは無農薬ではない?その理由を解説。

らでぃっしゅぼーやが無農薬野菜しか取り扱っていないと思われる方は多いようですが、
実はらでぃっしゅぼーやでは、無農薬ではなく低農薬と位置付けしています。

 

なぜ無農薬ではないのか?
健康に影響はないのか?
気になる所ですね。

 

では、なぜ低農薬と位置付けしているのか解説していきます。

 

 

らでぃっしゅぼーやは無農薬ではない理由。の、その前に・・・

 

らでぃっしゅぼーやが無農薬ではない理由を早く知りたい!
早く教えろ!
なんて声が聞こえてきますが(汗)

 

その理由をお話しする前に、
農薬とは何なのか?なぜ一般の農家は農薬を使用するのか? 
を知って頂きたいので、少しだけお時間を下さい。

 

 

農薬とは

 

農薬とは、大きく分けると3つに分けられます。

 

@殺虫剤

農作物には色々な昆虫、ダニ、線虫、菌、雑草、野ねずなどが寄ってきます。
おいしい野菜は虫たちにとっても大好物なのです。
すこしでも放置すると畑が全滅する恐れもあるので、
殺虫剤で害虫を退治します。

 

A殺菌剤

葉っぱが枯れる、根っこが腐る、など、農作物も人間の様に病気になる事があります。
これらはいろいろな菌の影響からくるものなので、事前に病気を防ぐ為に、殺菌剤を使用します。

 

B除草剤

農作物を育てると、必ず生えてくるのが雑草です。
雑草が生えると栄養がとられてしまう為、抜かなければならないのです。
その手間を省くために除草剤を使用します。

 

 

この@〜Bは一般的な農家で使用されている農薬の種類です。

 

このように、農薬にはこれだけ大きな効果があります。
農薬を使用せず、人の手だけで管理する事は非常に大変で苦労もあります。

 

 

そして、農薬は使えば使うほど、野菜の成長を邪魔する害虫や病気や雑草などがいなくなるので、
農作物を大量に無駄なく生産出来るのです。

 

 

しかも一般的な農家は、とにかく見栄えの良い野菜をたくさん作ろうとします。
なぜなら、その方がよく売れるからです。

 

 

しかし、農薬を使うという事は、野菜にも人体にも影響があります。

 

 

野菜の見栄えが良くても、栄養素がスカスカ。
人体に蓄積されると、発がん性の有る農薬もあります。

 

 

安い野菜はその分農薬を多く使用している高い可能性が有り、
栄養価も少ないと思った方が良いですね。

 

 

しかし、本当は無農薬が安全ともいいきれないのです。
 
 

らでぃっしゅぼーやは無農薬ではない理由。の、その前に・・・A

 

ではなぜ無農薬であれば安全な野菜だと世間では言われているのでしょうか?

 

 

それは比べるものが一般的な野菜、農薬を大量に使用し、
大量生産された安い野菜と比較するからです。

 

 

安全な野菜の定義は、本来3つの危害要因が取り除かれたものをいいます。

 

 

3つの危害要因とは、

  1. 異物などの物理的危害
  2. 菌類などの生物的危害
  3. 農薬や重金属等による化学的危害

 

この3つが有ります。

 

 

ですので本来はこの3つが整った状態で無ければ安全とは言ってはいけません。

 

 

しかし、今の野菜は、農薬などの使用(化学的危害)が重点的に取り上げられ、
他の2点はあまりクローズアップされません。

 

 

その結果、農薬を使用した野菜と無農薬野菜を比べ、
無農薬=化学的危害が無い=安全と言われているのです。

 

 

残りの2つの危害要因には目が向けられません。

 

この様にただ無農薬で、化学的危害が取り除かれても本来は安全とはいえないのです。

 

 

らでぃっしゅぼーやは無農薬ではない理由。

 

そこでらでぃっしゅぼーやでは安全で安心な野菜を提供するために、
低農薬という位置づけで農家と約束を交わしています。

 

 

らでぃっしゅぼーやの低農薬の基準とは。

 

実は正式に国で定められた、低農薬の基準はありません。
ある一定の農薬使用量以下で作物を育てたりすれば低農薬なのです。

 

 

そんな曖昧な基準で農作物の生産を全て生産者の判断にまかせるのかと言うと、
らでぃっしゅぼーやはそんなことは有りません。

 

らでぃっしゅぼーやでは当然ながら、農薬に対する向き合い方をきちんと定めています。

 

 

その約束事は、

  • 「反農薬」が基本です ※
  • 土壌消毒は行いません
  • 除草剤は使いません
  • 有機堆肥を使います
  • 自家食用と同じものを出荷します

 

※反農薬とは
基本的には農薬は使用しないが、仕方がない時(農作物が病気の時など)のみ使用を許可しています。
そしてその時にも出来る限り少ない量で済むようにし、
使用した農薬はきちんと公開しています。

 

 

農薬と聞くと、危ない!危険!というイメージですが、
上手く活用する事で、生産者にとっても農作物を育てやすくなり、
消費者にとっても安全な野菜を安定して食べる事が出来るので、
低農薬はお互いに大きなメリットがありますね。

 

 

らでぃっしゅぼーやに無農薬野菜はないの?

 

では、らでぃっしゅぼーやに無農薬野菜が全くないのかと言うと、そうではありません。

 

しかし、直接農薬を使用していなくても、まわりの農家から間接的に農薬の散布を受けてしまう可能性が有るので、らでぃっしゅぼーやでは無農薬の表記はしていません。

 

 

少しでも農薬に触れる可能性が有れば、無農薬の記載はしないと、厳しくっ徹底しているのは、
消費者をごまかさない、がっかりさせないと、消費者第一に考えた企業努力ではないかと思いますね。